本文へスキップ

青いザリガニ・フロリダブルーの販売・飼育(ザリガニキング)

 フロリダブルーに関して
準備するもの 飼育方法 繁殖方法 成長過程
よくあるご質問 お問合せ   商品一覧
※写真は全てイメージ、一例です
 水合わせの方法
 はじめに
水合わせをしないと、生体に致命的なショックを与えかねないのです。ザリガニの場合は、水合わせが簡単ですが水温が重要になります。
※エビや熱帯魚のような高度な水合わせは必要ないと思います

生体への負担を軽減する為に、夕方、店頭に直接持ち込み発送しております。
発送時、水温は約27度の状態、容器は発泡スチロールを使用していますが、冬場、水温はどんどん下がります。地域、配達中の環境により到着時の水温に差がでます。
非常に簡単な方法を明記してありますので、最低限下記の方法はお守りいただきますよう、よろしくお願いいたします。
水合わせの経験がある方は、ご自身の方法でお願いします。
よろしくお願いします。
 手順1.
1日汲み置きした水道水、もしくはカルキ抜きをした水道水をご使用下さい。
秋〜春の時期は水温を18〜22度を保つようにサーもヒーターなどで設定・調節して下さい。

※水温はザリガニを投入して1日経てば、20度以上に設定しても大丈夫です
 手順2.
届きましたらすぐに発泡スチロールの箱を開封して、死着がいないかご確認下さい。

※今まで1度も死着で到着したことは、ございません
条件により死着補償を行っておりますので、お手数ですがすぐにご連絡下さい
 手順3.
ザリガニの入っている袋ごと開封せずに水槽に投入して下さい、浮かべる感じです。これで袋内の水温が、徐々に上昇します。
約1〜2時間この状態のままです。

※すべての袋に酸素剤を入れてありますので、酸欠は大丈夫です
 手順4.
袋内の水温が大体同じぐらいになりましたら、袋を開封し、水槽の水を入れて再度密封し、浮かべて下さい。
約1〜3時間この状態のままです。

※すべての袋に酸素剤を入れてありますので、酸欠は大丈夫です
 手順5.
袋を開封し、袋の中の水すべてと生体を入れて下さい。酸素剤が入っても大丈夫です。

※水合わせをしなかった為か、今まで”到着すぐに弱ってしまった”(1件)、”到着翌日に死んでしまった”(1件)のご報告を頂いております。エビや熱帯魚等を飼育なさったことがある方は、慎重な水合わせの経験があるので大丈夫ですが、初めての方は、ご注意下さい。
 
準備するもの 飼育方法 繁殖方法 成長過程
よくあるご質問 お問合せ   商品一覧
こちらに記載されております内容は、飼育方法の一例です。いかなる損害が発生した場合でも当社では一切の保証はできません。
ご自身にあった快適で便利な育て方もあると思います。ザリガニに興味を持ち、適した飼育、繁殖をお奨めします。
※当社記載事項はあくまで参考にお願いします 

ショップ情報

ザリガニキング

〒426-0002
静岡県藤枝市横内564-1
TEL.090-4190-5555
TEL.054-668-9090
FAX.054-644-3036
info@fuji5.com
→ショップ案内